焼酎はアレンジで和食に合うようになる

MENU

焼酎はアレンジで和食に合うようになる

焼酎は和食に合わない、そんなふうに思っている人もいるかもしれません。
ですが、焼酎と一言でいっても、焼酎の種類はたくさんあり、料理に合う焼酎を選ぶ必要があります。
初心者には、この料理に合う焼酎を選ぶ事が難しく感じるかもしれません。

 

なので、簡単に焼酎の種類で選ぶポイントを紹介したいと思います。
まず、焼酎には、大きく分けると、甲類と乙類の2種類に分ける事が出来ます。

 

甲類の焼酎は、無味無臭なので、料理の味を邪魔する事がないという意味では、どんな料理と飲んでも問題ありません。
しかし、せっかく料理と一緒に焼酎を味わうのなら、料理と焼酎の相乗効果で、料理もお酒も美味しく感じられるそんな相性のいい組み合わせを選びたいですよね。

 

なので、甲類ではなく乙類の焼酎を選ぶのがポイントだと言えるでしょう。
乙類の焼酎の中でもおススメなのは、麦焼酎です。
麦焼酎には、香ばしさも旨みもあり、すっきりした味わいなので、和食にも、洋食にも、中華にも相性がいい、マルチプレイヤータイプです。

 

そして一見クセがあるように思える芋焼酎ですが、芋焼酎の旨みが口の中をすきっとさせてくれるので、濃い味付けの料理との相性が抜群です。
なので、和食の中でもさばの味噌煮のように、しっかりとした味付けには、芋焼酎がオススメです。

 

また焼酎をアレンジして、和食に合う焼酎を作る事も可能です。
例えば、焼酎の梅干入り割は、焼き鳥屋や寿司屋でもメニューにあるところも少なくありません。

 

他にも緑茶割は、緑茶のタンニンが、魚の生臭さを消して、旨みをアップしてくれるので、お刺身との相性は抜群です。
また緑茶の香りもよく、健康的な飲み方だと言えるでしょう。

 

桜木町 居酒屋