特徴ある和食メニューとお酒

MENU

特徴ある和食メニューとお酒

食事をする際には、「和食を選ぶことが多い」という方も多いと思います。

 

今では、和食は世界でも注目を浴びている料理でもありますからね。
「和食の方が、健康に良いだろう」と思っている方も多いでしょう。

 

そんな方の中には、
「和食を食べる際にも、お酒を楽しんでいる」という方、
いるのではないでしょうか。

 

では、和食の中でも特徴ある味わいの和食を食べる際には、
どういったお酒を選んだら良いのかご紹介しましょう。

 

和食というと、あっさりとしたイメージを持つ方も多いと思いますが、
中には独特の味わいのメニューもあります。

 

例えば、牛煮込みや串揚げ、野菜がたっぷりと入っている筑前煮などは、
独特の味わいがありますよね。

 

こういった和食を食べる際には、味付けが濃いものが多いため、
さっぱりとした味わいのお酒を選ぶことがおすすめ。

 

和食というと、ついつい日本酒を選びがちではありますが、
こういったメニューの際にはビールなども相性が良いんですよ。

 

また、焼酎割などもおすすめ。
焼酎割を行う際には、様々なリキュールと混ぜることが出来ますから、
さっぱりとした味わいのものを選ぶことで、
料理の味を壊さずにお酒を楽しむことが出来るでしょう。

 

串揚げの場合には、脂っこさが気になる方も多いでしょうから、
炭酸などと割ることでさっぱりとした口当たりになりますよ。

 

お酒好きの方で、和食を食べる際にもお酒を楽しみたいと考えている方は、
それぞれの食材や味付けに合ったお酒選びを意識してみると良いですよ。
どんなメニューでも、和食の味わいが残るタイプのお酒を選ぶことがポイントですよ。