熱燗の適温と適したお酒

MENU

熱燗の適温と適したお酒

日本酒の熱燗とは熱湯のように
温めた熱い日本酒のことだと思っている方が多いのですが、熱燗にも適温があるのです。

 

熱燗にする場合は55度以上に日本酒を温めないように注意が必要です。
温度を上げ過ぎてしまうと、
日本酒の持っているアルコールが飛んでしまいますし、
香りもまた温めた時に逃げてしまうのです。
日本酒にはいろいろなタイプの日本酒がありますが、
どんなタイプのお酒でも55度以上に温めるのはおすすめできません。
特に香りが強い吟醸酒は温めすぎると香りと風味が飛んでしまうため、
せっかくの吟醸酒のうまみが失われてしまうのです。
しかし60度以上に温めた日本酒が飲みたくなることも出てくるでしょう。
寒い冬の時期は体の芯まで冷えますので、
何か温かい物を食べたい、飲みたいと思うでしょう。
温かい料理を食べるよりもお酒は体に取り入れるとすぐに熱として使われますので、
体を温めてくれる効果が高いのです。しかもさらにそのお酒を温めることで温め効果が倍増します。
熱燗にした日本酒を飲むと、一発で体を内側から温めてくれるようになります。
もしも熱燗の適温以上に温めて日本酒を飲むときは、
よくスーパーや酒屋でも販売されているリーズナブルな日本酒を選ぶのがおすすめです。

リーズナブルな日本酒はそれほど旨みが強く出るわけではありませんので、
温めて飲んでも味に大きな変化がないからです。
このように日本酒は温度によって風味や味わいが変わってきます。
同じ吟醸酒でもその銘柄や種類によっては美味しく飲める適温が変わってきますので、
それを自分で見つけるのも日本酒の楽しみの一つだと言えます。

 

日本酒が美味しい居酒屋を探すなら絶対こちらです!