日本酒のぬる燗とは

MENU

日本酒のぬる燗とは

日本酒には熱燗ではなくぬる燗という飲み方もあります。
温めて飲むことで体をポカポカと温めてくれるのですが、
温めるとお酒の風味が変わる、
どれを飲んでも一緒の味に感じられると言う意見も聞かれます。

 

お酒を温めることで体を温める効果は高くなるのですが、
その日本酒が持っている風味や味わいが失われることがあるので、
温めるのに適さない種類や、温める温度に気を付けた方がいい種類があります。
ぬる燗とは約30度から40度程度に温めた日本酒のことです。
ぬる燗にも適していない日本酒は、生酒や古酒になります。
生酒はその風味を生かすためにあえて火入れの作業をしていないのに、
温めてしまうことで生酒が持っているせっかくの旨みや風味が失われてしまうからです。
古酒に関しても同じで、古酒がもっているまろやかさが温めることで失われてしまいます。
先ほどぬる燗に適した温度は約30度から40度だと述べましたが、
温度が数度異なるだけでも味わいや風味が変わってきます。
人それぞれ好みの温度や味があるかと思いますのでぬる燗にして日本酒を飲むときは、
少しずつ温度を調整しながら飲んでみて、
自分の最もおいしと思う温度を見つけるのもまた楽しいと思います。
また香りが強い吟醸酒に関しては、
温めすぎてしまうとせっかくの吟醸酒の持っている風味や香りが失われてしまいます。
温めることは基本的におすすめしませんが、

どうしても冷やした状態で飲みたくない時は常温かもしくは
ぬる燗程度の温度に温めて飲んだほうが、美味しく飲めると思います。