常温で飲むのに美味しい日本酒

MENU

常温で飲むのに美味しい日本酒

日本酒は常温で飲んでもおいしいお酒です。
常温と聞くと冷やすこともなく温めることもなく、
そのまま放置しておいた日本酒という印象が強いかもしれませんが、
実は常温で飲むのが最も温度調整が難しいと言えます。

 

常温とは約15度から20度くらいが目安ですので、
気温の影響でそれよりも温度が高すぎてしまったり、
低くなってしまったりすると日本酒の味が変わってくるのです。
だからといって正確に温度計を使って温度を測るわけにもいきませんので、
自分で少し飲んでみて冷たすぎることもなくぬるすぎることもない適温のことを、常温と呼ぶのです。
常温で日本酒を飲むときに比較的温度管理が行いやすいのは冬場になります。
暖房のきいていない部屋においておけば、常温に適した温度に冷やすことができます。
しかし夏は室内に放置しておいても温度が上がってしまいますので、
常温の適温に保つことが難しくなります。
それなので夏に関しては日本酒を開封後は冷蔵庫で保管することをおすすめします。
しかし冷蔵庫で冷やすと冷たすぎると感じると思いますので。
グラスや盃にそそいでから、しばらく室温に放置しておけば適温になってくるはずです。
常温で飲むのに適したお酒ですが、純米酒や本醸造酒のようなお酒が適しています。
純米酒も本醸造酒も香りと軽やかな味わいが特徴ですので、
美味しくいただけます。また古酒も常温で飲むのに適した日本酒です。
冷やして飲むときは感じられなかったとろみやまろやかさが常温にすることで出てくるので、

美味しく頂けるようになります。

 

蒲田の貸切パーティでも、さまざまな日本酒を楽しみましょう。