二日酔いは和食で予防

MENU

二日酔いは和食で予防

お酒を飲んだ翌日、二日酔いに悩まされるという方は多いことでしょう。
二日酔いとは、端的にいうとお酒の分解によって体内から栄養が消失した状態なのです。

 

肝臓がアルコールを分解する際に消費される栄養素は、どれも身体にとって不可欠なものです。
二日酔い予防として最初にすべきことは、飲み過ぎないことになります。

 

ビールであれば中瓶1本、日本酒なら1合、焼酎ならストレートでグラス1杯半が適量です。
これ以上飲むと、身体に負担がかかってしまうため注意しましょう。

 

お酒を炭酸飲料で割るのが好きな方は、水やお湯に変えるだけで二日酔いが劇的に抑えられます。
炭酸は体内で吸収されやすく、同時に摂取されたアルコールの吸収性も高めてしまうのです。

 

水やお茶であれば、内臓に負担をかけることなくゆっくり吸収されるのでオススメです。
おつまみによっても二日酔いを予防することが出来ます。
ここでも和食が活躍するのです。

 

オクラやコンブ、山芋、納豆などのネバネバ成分は、内臓をアルコールから守ってくれます。
オクラの酢の物やトロロなど、和食にはネバネバを生かした料理がたくさんあるので、これらを食べることで胃腸を守りましょう。
貝類には二日酔いを予防する大輪という成分が多量に含まれています。

 

アサリやシジミの味噌汁は、飲み会の最中に飲んでも二日酔い予防の効果が高いのです。
貝のバター焼きやつぼ焼きなどは、魚料理に力を入れている和食居酒屋であればさらに美味しくいただきことが出来ます。
和食居酒屋でくつろぎながらお酒を楽しみましょう。

 

http://kobe-rinka.com/