美味しく熱燗を作る方法

MENU

美味しく熱燗を作る方法

日本酒を家で飲む機会も多いのではないでしょうか。
冬は寒いので日本酒を温めて飲む熱燗がおいしい季節でもあります。
しかし居酒屋で飲む熱燗と、自宅で作る熱燗は味や温度に差があると思いませんか。
熱燗の適温は55度前後なのですが、上手に温度を調整して作るのが難しいのです。
日本酒の熱燗を上手に作るコツを紹介しますので、是非自宅で真似してみてください。

 

熱燗を作る方法は主に熱湯に徳利を付けて作るのと電子レンジで温める方法があります。
熱湯を短時間徳利につけて作るには、鍋と水、徳利を用意します。
徳利に日本酒を9合目くらいまで注ぎます。
この時に徳利の口にラップをつけておくと、
お酒が温まったときにその香りと風味が飛ぶのを防げるのです。
鍋にとっくりの半分くらいが浸かるくらいの水を入れて、
その中に日本酒を注いだ徳利を入れます。その後徳利を取り出してから鍋に火をかけてお湯を沸かします。
水が煮立ってきたら火を止めて、鍋に徳利を入れます。
徳利を入れた状態で火をかけてしまうと中の日本酒が温まりすぎてしまうため、
火を止めた状態で徳利を入れるのがコツになります。
2分から3分熱湯につけておくだけで、約50度ほどの温度になるはずです。
適温かどうかを知る方法ですが、徳利を触って確かめることができます。
徳利の底を触ってみて少し熱いなと思う程度に温まっていれば、
中の日本酒も適温になっていると判断できます。
ただし徳利の中の温度を知ることが難しいときは少し飲んでみて適温かどうかを確かめるのが一番です。