冷やしておいしい日本酒の種類

MENU

冷やしておいしい日本酒の種類

お酒にはそれぞれ飲むのに適した温度があります。
日本酒がちょっとしたブームになっていて日本酒のメインで揃えた日本酒バーもありますし、
居酒屋でも日本酒の取扱い種類を増やしたりしています。
こちらの八重洲の個室居酒屋でも様々な日本酒を個室でゆっくり堪能することができます。

 

日本酒を飲むときの適温をご存知でしょうか。
日本酒といえば「冷や」か「熱燗」くらいしか思いつかないと思いますが、
その温度によっていろいろな飲み方があります。
飲み方の温度がこれだけ多くあるのは、日本酒くらいしかありません。

 

まず日本酒を冷やして飲む場合ですが、
一般的に冷酒との温度設定は二種類あります。
一つは5度程度に冷やした飲み方であり、別名雪冷えと呼びます。
この雪冷えで飲むのに適した日本酒は香りの高い吟醸酒になります。
温度を下げて冷やすことによって日本酒の雑味がよくわかるようになります。
しかし日本酒の種類によっては冷やして飲むことで美味しく感じない種類があります。
吟醸酒は香りの強いお酒ですので、
それが口の中に入って少し温められると香りがさらに強くなって、美味しく頂けるのです。
10度ほどに冷やして飲む飲み方を花冷えと呼びます。
この花冷えで飲むのに適した日本酒は、吟醸酒や生酒です。
吟醸酒は香りが強いお酒なのですが、
その香りは冷えた状態の方がもっとも強く感じらますので、
飲んだ時にも香りの広がり方が強くなるのです。
また日本酒の多くが殺菌目的で火入れという作業を行うのですが、
そうすることで日本酒に含まれている風味が変わることがあります。
そこで火入れを行わない生酒という種類があるのですが、

非常にデリケートであることから冷やして保存してそのまま飲んだほうがおいしいのです。