日本酒について

MENU

日本酒について記事一覧

 

日本酒は常温で飲んでもおいしいお酒です。常温と聞くと冷やすこともなく温めることもなく、そのまま放置しておいた日本酒という印象が強いかもしれませんが、実は常温で飲むのが最も温度調整が難しいと言えます。常温とは約15度から20度くらいが目安ですので、気温の影響でそれよりも温度が高すぎてしまったり、低くなってしまったりすると日本酒の味が変わってくるのです。だからといって正確に温度計を使って温度を測るわけ...

 
 

お酒にはそれぞれ飲むのに適した温度があります。日本酒がちょっとしたブームになっていて日本酒のメインで揃えた日本酒バーもありますし、居酒屋でも日本酒の取扱い種類を増やしたりしています。日本酒を飲むときの適温をご存知でしょうか。日本酒といえば「冷や」か「熱燗」くらいしか思いつかないと思いますが、その温度によっていろいろな飲み方があります。飲み方の温度がこれだけ多くあるのは、日本酒くらいしかありません。...

 
 

日本酒には熱燗ではなくぬる燗という飲み方もあります。温めて飲むことで体をポカポカと温めてくれるのですが、温めるとお酒の風味が変わる、どれを飲んでも一緒の味に感じられると言う意見も聞かれます。お酒を温めることで体を温める効果は高くなるのですが、その日本酒が持っている風味や味わいが失われることがあるので、温めるのに適さない種類や、温める温度に気を付けた方がいい種類があります。ぬる燗とは約30度から40...

 
 

ワイングラス片手に料理を囲んでいる女性は、何となくかっこいいイメージがあります。女子会を開く店としてよく使われるイタリアンやフレンチ料理を提供するお店では、そういった料理に合うお酒を出していますので自然とワインなどの洋風のお酒を飲む機会が増えるのです。しかし女性の皆さん、私たち日本人が昔からよく飲んでいる日本酒にも驚くほど美容と健康に良い効果があるのです。日本酒には美白効果があるということをご存知...

 
 

日本酒の熱燗とは熱湯のように温めた熱い日本酒のことだと思っている方が多いのですが、熱燗にも適温があるのです。熱燗にする場合は55度以上に日本酒を温めないように注意が必要です。温度を上げ過ぎてしまうと、日本酒の持っているアルコールが飛んでしまいますし、香りもまた温めた時に逃げてしまうのです。日本酒にはいろいろなタイプの日本酒がありますが、どんなタイプのお酒でも55度以上に温めるのはおすすめできません...

 
 

日本酒を家で飲む機会も多いのではないでしょうか。冬は寒いので日本酒を温めて飲む熱燗がおいしい季節でもあります。しかし居酒屋で飲む熱燗と、自宅で作る熱燗は味や温度に差があると思いませんか。熱燗の適温は55度前後なのですが、上手に温度を調整して作るのが難しいのです。日本酒の熱燗を上手に作るコツを紹介しますので、是非自宅で真似してみてください。熱燗を作る方法は主に熱湯に徳利を付けて作るのと電子レンジで温...