青魚の持つ美容、健康パワー

MENU

青魚の持つ美容、健康パワー

和食はヘルシーで美容にも良いイメージがありますが、
より美容と健康効果を高めたいのなら、
食材選びや調理法を選ぶことも重要になってきます。

 

近頃女性でも肉が大好きと公言して、
女子会でも肉中心のメニューが食べられる居酒屋を
選んでいる方が多く見られます。

 

確かにお肉はスタミナが付きますし、
食べると幸せな気持ちになれるのですが、
健康と美容を追求するなら魚を選びましょう。
私の好きなこちらの豊橋の居酒屋では魚料理が美味しくお酒がすすみます。
和食は魚のメニューも豊富にあります。
いろいろな魚のメニューや種類があるのですが、
美容と健康を意識するなら青魚がおすすめです。

 

青魚とは背中の部分が青くなっている魚のことであり、
カツオやさんま、あじといった魚が有名です。

 

他の魚と比べても比較的リーズナブルに手に入ることから、
家庭でも重宝する魚だと思います。

 

なぜ青魚をおすすめするのかというと、
DHAやEPAといった不飽和脂肪酸を豊富に含んでいるからです。

 

これには血液をサラサラにしてくれる作用があるため、
血液中のコレステロール値を改善してくれたり、
中性脂肪を減少させてくれる働きがあります。

 

また健康だけでなく女性にとって嬉しいのが、
血の巡りを良くしてくれるため肌にも栄養が届きやすくなり、
乾燥肌の改善などにも効果をもたらしてくれるのです。

 

そんな青魚の栄養素を十分取れる調理法として
おすすめなのが、お刺し身です。

 

旬の時期にはお刺し身もたくさん出回りますし、
青魚の刺し身を提供してくれるお店も多いので食べてみましょう。

 

もしも焼き魚にして食べるときは、
焼いた時に出る脂に美容と健康に良い脂が含まれていますので
脂は捨てずに食べるようにしましょう。