和食居酒屋で健康的にお酒を飲もう

MENU

お酒を飲んだら不健康?

お酒に対するイメージの中でも、近年特に注目されているのが健康との関わりです。
お酒を飲む人は、飲まない人と比べて生活習慣病やその他疾病にかかる可能性が高まるといった情報が声高に発信されています。

 

そういった情報が嘘であるとはいいませんが、
それはあくまで限度を超えた飲酒をした場合に限られるということを忘れてはいけないのです。
どんなに健康とされている食品であっても、過剰な摂取は身体に悪影響を及ぼします。
お酒の場合も例外ではないということです。

 

ストレスも、健康を損なう原因の1つとしてよく挙げられます。
お酒を飲むことでストレスを解消したいという方の中には、
飲酒による健康被害に苛まれて楽しくお酒が飲めないという人も多いのではないでしょうか?

 

そんな方の強い味方となってくれるのが、和食居酒屋です。
ちなみに私は昨日渋谷のイタリアンに行ったので今日は和食を食べるつもりです。
2013年にユネスコ無形文化遺産に登録された和食は、
その美味しさのみならず健康効果の高さという点でも注目を集め始めているのです。
和食は飲酒文化が古くから根付いていた日本人を、長寿大国に押し上げた理由の1つでもあります。
野菜や魚を中心とした食事は、体内から毒素を取り除きつつ効率的に栄養を確保出来るのです。

 

また、お酒を飲むことで起きる健康被害の中でも、肥満は特に深刻な問題です。
和食は肥満対策としても各国から注目されているため、
お酒を飲みつつ健康に気を配りたいという方に打ってつけなのです。

 

そこで今回は、和食によるお酒の健康被害予防と和食居酒屋の魅力についてご紹介します。

お酒を毒にしないために

お酒は醸造酒と蒸留酒という2種類に大別されます。

 

醸造酒とは糖分を含んだ原料を発酵させてアルコールを発生させるという製造過程を経たお酒のことです。
蒸留酒は、醸造酒を蒸留させることでできるアルコール度数の高いお酒になります。

 

すなわち、どんなお酒であっても糖分とアルコールを少なからず含んでいるのです。
アルコールそのものは、身体にとって毒に近い成分です。
アルコールの過剰摂取によって肝臓に負担がかかるのは、
アルコールを無害なものに変えるために肝臓が働き過ぎることが大きな原因になります。

 

お酒を飲むときに空腹ではいけないといわれるのは、
アルコールを分解する前に内臓の準備運動が必要だからです。
身体のことを思うなら、必ずおつまみと一緒にお酒を飲むようにしましょう。

 

肥満の原因である糖質の少ないお酒を飲むことも、
健康な身体をキープするうえで不可欠になります。

 

ここで注意していただきたいのが、糖質摂取量とお酒の関係です。
例えば、ビールと日本酒の場合同僚であればビールの方が糖質の量は低くなっています。
しかし、ビールはアルコール度数が低く何敗でも飲めてしまうため、
ビールばかり飲んでいると結局のところ糖質の摂取量が大きくなってしまうのです。

 

つまり、グイグイ飲めるお酒ほど糖質摂取量が増えてしまう危険性があるのです。

 

そこでオススメしたいのが、日本酒と焼酎です。

 

どちらもゆったりとしたペースで飲めるうえに、
野菜や魚を中心とした和食に合うお酒になります。

 

和食居酒屋であれば必ずといって良いほどこの2種類のお酒が充実しているのです。
 

 

ヘルシーな和食と糖質摂取量を抑える日本酒と焼酎を同時に味わえる和食居酒屋は、
健康を気に掛ける皆さんにピッタリなのです。

更新履歴